ExifClip

Apertureが、disconになったので、Photosに期待したんだけど、SDKがMacOS上にはないみたい・・・・
ということで、単独アプリで作ってみました。

写真をDrag&Dropで追加すると、写真に付与されているExif情報を読み込んで表示し、
それを入れ込んだ印刷ができます。

おまけで、印刷範囲を調整できます。
いまのところ、印刷可能な用紙サイズは、L版のみ。
印刷する時に、プリントダイアログで、サイズを選べる方法が見つかったので、印刷時に選択できます。

ExifClip Image

ちなみに、Photos側の仕様制限で、Photosからは、D&Dできません。
いまのところ、ApertureやiPhotoからだけD&Dできますです。

# アプリから直接 Drag&Dropできないときは、一度写真ファイルを書き出してから、 Drag&Dropすると確実です。

印刷アプリのお約束かもしれませんが、すべてのプリンタできちんと動作することは確認できていません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *