概要

いわゆる機能表/リストとしては、以下のような感じ
・マルチアカウント対応
 銀行と財布とクレジットカードと・・・とそれぞれを分類して管理可能
・定期的なトランザクション対応(月末引き落としとか)
 毎月15日引き落としとか、毎月25日振り込みとか予定を入力可能
・集計機能
 特定期間の入金出金を計算可能

特徴的な機能としては、以下を持ってます。
・定期的なトランザクションと合わせて、アカウントの将来残高計算機能
 例えば、このままいくと次の引き落としで残高がマイナスになりそう(引き落とされない)ので、入金しなきゃとか。

細かく見ると・・・

大きく3つの要素でできてます
・アカウント
・トランザクション
・タグ

・アカウント
お財布だったり、銀行口座だったり、お金が出入りする場所。
細かく管理したい人は、XX銀行普通預金、XX銀行定期預金、お財布、へそくり、・・・と分けてもらってもよいし、
とりあえず始めるということなら、”自分のお金”だけでもOK
でも、現金(財布の中身)・資産(銀行口座)・負債(クレジットカード)くらいは分けて記録すると、後から凝った計算をしてニヤリとできる気がする。もちろんシンプルに使い続けてもらってもあり。
車貯金とか作って貯金額を記録して、あと半年とか妄想(?)するのも楽しい。

アカウント作ったところ

アカウント作ったところ

 

 

 

 

 

 

 

・トランザクション
お金の出入りごとに記録するもの、お小遣い帳の1行に相当する。
これも、細かく管理したい人は、”XX鉄道:XX駅→VV駅 300-”、”バス:YY→ZZ 250-”と使った単位で記録してもよいし、まとめて”交通費 550-”でも全然OK。
コメントに、”友達とコンサート”とか記録しておくと、見返したときに、なにしてたか思い出すことができてうれしい。

コンサート行ってきた

コンサート行ってきたことを記録

・タグ
これが、MoneyClipの特徴要素。アカウントとトランザクションに貼付けられる付箋のこと。
予算(未実装!)や実績のときに集計に使用されるもの。なにか分けて計算させたくなりそうだなぁと思ったら、別のタグをくっつけておくと幸せになれるでしょう。GMailとかでタグで管理してる人には、すでに自明だとおもうけど、使いこなすとすごく便利。

趣味の音楽をタグとして記録

趣味の音楽をタグとして記録

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *