Document Package

いま、Realmを使って、家計簿アプリを再構築してるんだけど、どうやらRealmは、ファイルの拡張子に常に.realmを期待してるっぽい。
なので、ドキュメントダブルクリックで開くとかがやりにくい。

あと、勝手に(?)、管理用のファイルを作るので、1つのファイルで完結するのが難しい。

ということで、ドキュメントパッケージ(実際には、ディレクトリで内部にいろいろ含まれている)というものをドキュメントにしてみようかと。
こことか読みながら少しづつ検討開始

Continue reading

indexing

いま、作っているアプリは、MacからもiPhoneからもアクセスできるDBを持てるように作っているので、1つのプロジェクトでどちら用にもビルドできるようにしてる。

んだけど、#if #else #endifで切り替えているので、うまくindexingできない。つまり、候補のメソッド名とかを表示してくれない。

当初、XCodeのバグかと思い、なんとなく、勢いでAppCodeまで購入して試したけど、同じ。ちょっとGoogleしてみると、結局、Indexingが都度必要にナルトの情報が・・・・

アプリは、それぞれのプロジェクトにして良いんだけど、DB部分は、どちら向けにもビルドできるようにしていて、このことは、問題なくできているんだけど、どうせだからということで、テストもどちらでも実行できるようにしているんだけど、このテストでは、#ifを使って切り替えて作ってる。で、補間してくれなくて、テストのコードを書くのが大変。

補間してくれないのは、あまりにも大きなデメリットなので、テストは、MacOSだけで良いと割り切ってしまうことにしました。
基本的に、アーキテクチャ依存なことはしていないので、片方で動けば動くはずだよね。

なんとなく、こういう環境改善て楽しいよね。

Realm Object Server のHTTPS運用

運用というか立ち上げ方・・・・

いくらいじっても、index.tsが反映されないので、とりあえず、起動のコマンドラインで指定して実行することに

% ros start --https --https-key `path to private key` --https-cert `path to full chain`

これで、9080だけでなく、HTTPS用の9443 でも接続切るようになった。(なんちゃって認証だけど)

環境アップデートいろいろ

RealmServerを本格的に稼働させる前にバックアップを取っておこうとおもって、いろいろハマりました。

Realm Studioでバックアップ(CSVエクスポート)できると勝手に思ってたけど、どうやらできるのは、Realm Browserらしい

GitHubからダウンロードしてビルドしようとすると、cocoapodを使う必要があるが、pod installでエラー

High Sierraでは、再セットアップ(?)が必要らしくセットアップする。ここでの説明がそのまま当てはまりました。ありがたや。

ようやく % pod setupできました。

でも、ビルドできず?????
よくみたら、Realm Studioに移行しますと書いてありました・・・・

アプリアイコンとドキュメントアイコン

機能的に追加したいものもあるんだけど、アプリのアイコンとドキュメントのアイコンを作ろうかと。

ずいぶん前に、セールなのを見て、衝動的に購入したAffinity Designerを使って作ってみよう

これまでは、アイコンに手間をかけたことがあまりなかったんだけど、
きちんと調べてちゃんと作ってみよう。

Realmを使ったアプリ

しょうがないとは思うんだけど、Realmでデータを作っていると、
.lockファイルとかいろいろ管理用のファイルが作成される。

普通の人(?)は、アプリは1つのファイルを操作する という想定をすると思うので、バンドルDocument Package(というらしい)を使って、管理ファイルを隠そうかと検討中。

隠せるのかな?

iOSアプリなら気づかないと思うけど、MacOSアプリだと、目につき過ぎだよね。

どうやら、NSFileWrapperなるものを使って、実装するらしい。