Binding

以下のようにやっても表示されない。

  • NSArrayControllerを配置して、
  • ViewControllerからArrayControllerのcontentを設定
  • NSTableViewのColumnの中のTable Cell View配下のTableViewCell(NSTextFieldCell)にBinding

他のViewと同様に設定しているつもりだけどね・・・・

どうやら、2番目がうまく設定されていなかった&3番目の設定は、TextFieldCellではなく、(1つ上の)TextFieldにすべき

ということのようでした。

Carthage アップグレード

ちょっと前からWarning 出ていたんだけど、AppCodeをバージョンアップしたら、

Error:(10, 8) module compiled with Swift 4.0.3 cannot be imported in Swift 4.1: /$HOME/”pathToproject”/Carthage/Build/Mac/RealmSwift.framework/Modules/RealmSwift.swiftmodule/x86_64.swiftmodule

なるエラーでビルドエラーに。

まずは、Carthageそのものをアップグレード

% brew upgrade Carthage

そして、使っているライブラリをアップグレード

% carthage update –no-use-binaries

まだ、Swift4.1対応のバイナリは置いていないと思うので、ビルドが掛かる。(ので、少し待つ必要あり)
“–no-use-binaries”をつけないとエラーは解消されませんでした。(当たり前・・・)

Import 機能

新しいMoneyClipを鋭意開発中

既存のものからのデータ取り込みように、Import機能を作り込み中。

やく7000件のデータを読み込むのに、約2分かかるけど、まぁ、年に1回あるかどうかの操作なので、このままにしておこうかと。

でも、Accountの残高計算にすごく時間がかかるのは、なんとかしないとなぁ。OutlineViewのツリーを開くのにワンテンポ遅れる感じがいや

In-App Purchase

MoneyClipの機能追加に、Bundleを使ってみたいと考えてて、せっかくだから、In-App Purchaseにも対応させてみようかと。

参照にすべきドキュメントは、”In-App Purchase Programming Guide”らしい。

ドキュメントに沿って、StepbyStepでやっていこう。

#といいながら、AppCodeで最初のプロジェクト作ってしまった。

Document Package(5)

いろいろと苦労したけど、Document Packageは使えるようになりました。

でも、Realmって、DBファイル以外の管理ファイルを作成する。
それを隠したくって、Document Packageを使いたかったんだけど、それらのファイルに対してもFileWrapperを要求される・・・

ということで、FileWrapper使うのをやめるか、Document Packageやめて、ネットワークDBとして使うか・・・

どうしよっかなー

Document Package(3)

ファイルを保存しても、なかなかバンドル/パッケージになってくれなかったんだけど、以下がポイントっぽい

  • 拡張子をきちんと(?)指定して、保存する
  • Exported UTIsのConforms Toでcom.apple.packageと指定する

色々試行錯誤しながらなので、もしかしたらどちらかは不要かもしれないけど、やっとバンドルになった!!!!

そこまでは、うまくいったんだけど、保存したパッケージを読み込んでくれない・・・ムムム